女性のための内科 消化器科 婦人科
当院の理念 診療案内 施設紹介 アクセス 性差医療とは 札幌市の夜間救急
女性の病気 血液検査の見方 妊婦さんへ 低容量ピル 月経移動 心理カウンセリング
        レディースドック リンク集
Top Page へ戻る

女性と内科疾患 特発性血小板減少性紫斑病
はじめに
摂食障害(神経性食思不振症)には、①制限型の拒食症 ②無茶食い/排出型の過食症があります。いずれの型も食行動に異常をきたす病気であり、病因として素因・個々のストレス・社会的背景・思春期の心身の変化など様々な原因が指摘されています。拒食症と過食症は正反対の病気にみえますが、過食症の多くは、大量に食べたあとにノドに指を入れて吐いたり、下剤を乱用したりしています。つまり過食症では「食べることへの異常なこだわり」と同時に「太ることへの恐怖」を持っており、表現型は違っても過食症と拒食症は同じ病気と考えられています。摂食障害は思春期の女性に多い病気で,極端な痩せを特徴としていますが、そのほとんどが先進国に限られており、日本においても急速に患者さんが増えています。
 
厚生労働省「神経食思不振症調査研究班の診断基準」

① 標準体重の20%以上の痩せ
② 不食,大食,隠れ食いなど食行動の異常
③ 体重増加に対する極端な恐怖など体重や体型についての歪んだ認識
④ 30 歳以下の発症年齢
⑤ 女性ならば無月経
⑥ 痩せの原因として考えられる器質性の疾患がない

 
病型

① 拒食症(制限型)
神経性食欲不振症のエピソード期間中,無茶食いまたは排出行動(自己誘発性嘔吐・下剤・利尿薬または浣腸の誤った使用)を行ったことがないタイプ
② 過食症(無茶食い/排出型)
神経性食欲不振症のエピソード期間中,無茶食いまたは排出行動(自己誘発性嘔吐・下剤・利尿薬または浣腸の誤った使用)を行ったことがあるタイプ

 
心と体の症状

摂食障害の多くはダイエットをきっかけに発症します。いったんかなりの程度まで痩せると,痩せ願望よりはむしろ「体重増加に対する恐怖」が前面に出てきます。そして無月経になっても本人には病気だという自覚に乏しいのが特徴です。拒食症の患者さんでは周囲に指摘されて来院するケースが多く、一方、過食症の患者さんは、無理に吐く行動や下剤の乱用などから心身ともにボロボロになっており、自分から受診する患者さんが多い傾向があります。
体の症状としては、標準体重より20%以上の痩せと無月経が中心です.また徐脈,低体温,低血圧・乾燥した皮膚・低体温、うぶ毛密生などがみられ,浮腫が出現することもあります。過食症では耳下腺腫脹や手指に吐きダコを認めることがあります。
心理・行動面では、人前での食事を嫌がり,油ものを避ける、食事時間が長くなるといった傾向があります。また病初期には、痩せているにもかかわらず活発に行動する傾向もあります。

 
gotop
 
回復には心の治療が必要

体重と体力の低下が著しい場合や、血液検査や尿検査などに明らかな異常値がある場合には、入院して栄養補給しなければなりません。しかし、摂食障害は心理的要因が大きい病気ですから、体の治療だけで完治は出来ません。カウンセリングをしながら、自分のことや家族との関係などを見直していく事が大切です。「自分は病気ではないか?」と自覚し始めた時は、もう既に治療への第一歩を踏み出しているわけですから、あせらずゆっくりと治していきましょう。

 




このページを表示するには Flash Player が必要です。

ウィミンズクリニック札幌
札幌市北区北7条西5丁目北7条ヨシヤビル5階
Tel:011-738-7877 e-mail:
info@w-clinic-sapporo.or.jp
Copyright (C) 2005 Women's Clinic Sapporo, All rights reserved.