女性のための内科 消化器科 婦人科
当院の理念 診療案内 施設紹介 アクセス 性差医療とは 札幌市の夜間救急
女性の病気 血液検査の見方 妊婦さんへ 低容量ピル 月経移動 心理カウンセリング
        レディースドック リンク集
Top Page へ戻る

当院の理念
信頼される女性医療をめざして
ロゴ

これまで内科領域において、「女性は男性の小型版」と考えられてきました。その結果、女性の検査や治療はただ単に体格別に行われ、性差に配慮した医療は行われていませんでした。しかし実際には、女性にはホルモンバランスや生活環境などの変化に伴って、男性とは異なる健康リスクが生じます。よって、質の高い女性医療を提供するためには、性差を考慮した医療が不可欠です。日本でもようやく性差に着目した医療の必要性を指摘する声が高まり、日本全国に女性外来が立ち上げられました。しかし、日本における女性外来の中には、ただ単に女性医師を起用しただけの施設が少なくありません。女性医療で一番大切な事は、担当医師が女性に特有の疾患やリスクを熟知して診療にあたる事です。

当クリニックでは、内科医師、婦人科医師およびスタッフが連携して、女性の病気をトータルに診断し、最善の治療へと導く医療を提供したいと考えています。

 
ドクター紹介
Dr.Mr Horimoto   堀本 正禎 (ほりもと まさよし) 院長 医学博士
  診療科目 内科・消化器科
  診療内容

鉄欠乏性貧血、膠原病、甲状腺などの内分泌疾患、高脂血症、高血圧症、糖尿病、骨粗しょう症など性差医療が必要な内科疾患
更年期障害にともなう漢方療法・ホルモン補充療法
胃カメラ、腹部超音波検査、甲状腺超音波検査、胸部レントゲン、心電図検査など

  経歴
1988年 札幌医科大学医学部卒業
1995年 医学博士号取得
 

札幌医科大学内科学第4講座出身
日鋼記念病院血液科科長などを経て平成17年12月ウィミンズクリニック札幌開設
日本内科学会 日本血液学会 日本消化器学会 女性医療ネットワーク会員など

     
Dr.Ms Horimoto   堀本 江美 (ほりもと えみ) 医学博士
  診療科目 婦人科
  診療内容

月経不順、月経痛、月経前緊張症候群(PMS)子宮内膜症、子宮筋腫、おりものの治療
ピル外来
妊娠検査 緊急避妊 リング装着
更年期障害に対する漢方療法・ホルモン補充療法など

  経歴
1988年 札幌医科大学卒業
1994年 同大大学院卒業 医学博士号
1997年 北海道児童相談所、
児童虐待防止プロジェクトチーム員(2001年まで)
1999年 札幌医科大学 非常勤講師(現在)
北海道文化放送番組審議委員(2004年まで)
     
Dr Iwasaki   岩崎 富美 (いわさき ふみ)
  診療科目 総合女性外来担当
  診療内容 女性には思春期、妊娠期、産褥期、更年期、閉経期など男性とは明らかに異なるライフサイクルがあります。ライフサイクルの変化とともに様々な女性特有の症状が出現する一方で、何となく体の不調を感じる事もあります。内科なのか婦人科なのか?どの医療機関を受診すると良いのか?男性医師には相談しにくい、などの理由から病気を放置してしまう事があります。そんな女性の心のもやもやを解消するのが総合女性外来です。
  経歴

札幌医科大学麻酔科学教室出身
旭川日本赤十字病院、滝川市立病院などに勤務

     
 
 

 


このページを表示するには Flash Player が必要です。

ウィミンズクリニック札幌
札幌市北区北7条西5丁目北7条ヨシヤビル5階
Tel:011-738-7877 e-mail:
info@w-clinic-sapporo.or.jp
Copyright (C) 2005 Women's Clinic Sapporo, All rights reserved.