女性のための内科 消化器科 婦人科
当院の理念 診療案内 施設紹介 アクセス 性差医療とは 札幌市の夜間救急
女性の病気 血液検査の見方 妊婦さんへ 低容量ピル 月経移動 心理カウンセリング
        レディースドック リンク集
Top Page へ戻る

妊婦と薬 妊婦さんと薬

妊娠中は、できるだけ薬を控えるようにします。病気によってはどうしても薬が必要なことがありますが、その時は出来るだけ安全な薬を選んで処方します。

 
はじめに

 

最終月経の始まった日を 0 週 0 日として数えますので、分娩予定日は 40 週 0 日になります。妊娠に関しては 4 週間を 1 ヶ月として計算するのが特徴です。妊娠週数というのは月経周期が 28 日型の人を基準にして、最終月経から計算します。最終月経から 14 日目ごろに排卵をしたと想定していますので、妊娠 1 週 6 日目頃までは受精もしていません。予定月経が来ない ( 最終月経から 28 日以上経過した ) 場合、それまで服用した薬剤による胎児に対する影響はほとんど心配ありません。 受精後 2 週間以内 ( 妊娠 4 週未満 ) に、受精卵が薬の影響を受けた場合には、着床しなかったり、流産をして妊娠が成立しません。月経周期が 28 日型の人で月経初日から 33 日目ぐらいは一般的な薬(風邪薬・胃薬・頭痛薬・鎮痛剤など)を心配する必要はありません。ただし残留性のある薬剤、たとえば風疹などの生ワクチン・慢性関節リウマチに使用する薬は、この限りではありません。

妊娠月数

1 ヶ月

2 ヶ月

3 〜 4 ヶ月

5 〜 10 ヶ月

妊娠週数

0

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

15

16

17

18

39

最終月経からの

日数

0

6

7

13

14

20

21

27

28

34

 

 

49

55

56

62

 

 

 

 

105

111

112

118

 

 

273

279

胎児の成長

排卵・受精

中枢神経、心臓、

消化器、手足などが発生・形成

性器、口蓋などの形成

赤ちゃんの体はほぼ完成

 

-

催奇形成の恐れあり

胎児毒性の恐れあり

 
妊娠前

妊娠前に飲んでいた薬が、その後の妊娠や胎児に影響することはまずありません。ほとんどの薬は1〜2日で体から排泄され、体に残ることがないからです。市販されるカゼ薬や鎮痛薬も同様です。ただし、特殊な例として、角化症治療薬の「エトレチナート(チガソン)」、抗ウィルス薬の「リバビリン(レベトール)」、抗リウマチ薬の「レフルノミド(アラバ)」などは、薬の影響がかなり長く残ります。これらについては、医師からの指導が必要です。

※ 妊娠初期に風疹にかかると、赤ちゃんの心臓などに異常を起こすおそれがあります(先天性風疹症候群)。そのため、出産適齢期になる前にワクチンの予防接種を受けておくことが推奨されています。もし、大人になってから受ける場合は、あらかじめ約1カ月間避妊したあとに接種し、その後約2カ月間は妊娠しないようにして下さい。

また鎮痛薬の長期内服により排卵が抑えられたと思われる事例が報告されています。鎮痛薬を毎日のように飲んでいる方は、医師に相談して下さい。

 
妊娠超初期 (妊娠1ヶ月)

この時期に飲んだ薬も、奇形という意味では問題はありません。受精後の2週間は単に細胞が分裂するだけで、赤ちゃんの体の形はまだ作られていないからです。市販のカゼ薬や鎮痛薬も特に大きな心配はありません。ただ、上記のような一部の残留性のある薬は、次の妊娠初期に影響が残るおそれがあります。また多量のビタミンA剤を内服しているのであれば中止して下さい。

 
妊娠初期 (妊娠2ヶ月〜4ヶ月)

奇形という意味で最も薬の影響を受けやすいのは、妊娠初期です。この時期には、赤ちゃんの大事な臓器が作られるからです。とくに2ヵ月目が重要です。一部の薬の服用により奇形の発現率が高まる恐れがあります。この時期に奇形を作る可能性の高い薬としては、チガソンなどビタミンA誘導体(レチノイド)、抗がん剤、特殊なホルモン系の薬、放射性医薬品など一部の医療用の薬です。もちろん、市販はされていません。 また薬は飲まないに越したことはありませんが、風邪・頭痛・便秘症など辛い症状で薬を飲む場合には、必ず医師に相談して安全性の高い薬を内服して下さい。

 
gotop
 
中期 (妊娠5ヶ月〜7ヶ月)

妊娠中期は、比較的安全な時期です。赤ちゃんの体や臓器の基本的な形はできあがっているので、奇形自体の心配はもうありません。しかし、この頃から体の成長や機能に悪い影響を及ぼす薬があります。たとえば、高血圧治療薬のACE阻害薬やARBがその代表です。この系統の薬は、胎児の腎臓の働きを悪くし、尿量を減らします。その結果として羊水が減少し重大な障害を残す恐れがありますので、妊娠中の服用は禁忌となります。そのほか、中期以降にテトラサイクリン系抗生物質を長期服用すると、赤ちゃんの歯が黄色くなってしまうことがあります。妊娠中の感染症には、より安全性の高い抗生物質を使いますので、主治医と相談の上で内服して下さい。

 
後期 (妊娠8ヶ月〜10ヶ月)

薬が赤ちゃんに移り、発育や機能に影響を及ぼす事を「胎児毒性」といいます。その代表的な例が消炎鎮痛薬です。多くの消炎鎮痛薬には血管を収縮させる作用があり、赤ちゃんの大動脈幹が早期に閉塞したり、新生児肺高血圧症の要因となるおそれがあります。また、分娩・出産の遅延をまねくこともあります。そのほか、妊娠末期の安定剤や睡眠薬の連用は、生まれてくる赤ちゃんの筋力や呼吸を弱らせ元気をなくしてしまうおそれがあります。

 
日常的な病気に使われる薬

かぜ の症状がひどいときは、かぜ薬で体を楽にしたほうがよいことがあります。病院でよく使われるかぜ薬に「PL顆粒」があります。この薬は古くから使われている総合感冒薬で、4種類の成分が配合されています。解熱・鎮痛薬のサリチルアミドとアセトアミノフェン、抗ヒスタミン薬のプロメタジン、お茶の成分のカフェインです。これらの成分は短期間の内服であれば、ほぼ安全と考えられています。その他、熱や痛みがある時に使用する解熱剤・消炎鎮痛薬は使用時期や使用量に注意が必要ですので、必ず医師と相談して下さい。咳がひどい時には鎮咳薬、鼻水やクシャミには抗ヒスタミン薬も使われますが、これらも安全性の高い薬を使用する必要がありますので、主治医と相談してから内服して下さい。

細菌による病気 には抗生物質を用います。扁桃炎、 咽頭炎 、気管支炎、膀胱炎などに処方されることがよくあります。抗生物質で病原菌が殺菌されれば、痛みや腫れがおさまり、熱も下がってきます。一般的にはペニシリン系やセフェム系、あるいはマクロライド系の抗生物質を用いますが、抗生物質にアレルギーのある人は、必ず医師に申し出て下さい。

じん麻疹  湿疹・ひどいカユミに、抗ヒスタミン薬を用いることがあります。ふつう、妊娠中に使用実績のあるマレイン酸クロルフェニラミンが処方されるのが一般的です。常用量で1週間程度であれば、妊娠中でも安全に使用できると考えられていますが、長期の服用はすすめられません。

便秘 がちのときは、まず日常生活の改善をはかります。朝食後の排便習慣、繊維質の多い食事、十分な水分補給などです。それでも改善しないときは、医師に相談してください。便秘薬を大量に飲むと子宮収縮を誘発するおそれがありますので、安全性の高い薬を使用しなければなりません。

貧血 (鉄欠乏性貧血)が強い時は、鉄剤で鉄分をおぎないます。妊娠中でも安全に服用できます。




このページを表示するには Flash Player が必要です。

ウィミンズクリニック札幌
札幌市北区北7条西5丁目北7条ヨシヤビル5階
Tel:011-738-7877 e-mail:
info@w-clinic-sapporo.or.jp
Copyright (C) 2005 Women's Clinic Sapporo, All rights reserved.