女性のための内科 消化器科 婦人科
当院の理念 診療案内 施設紹介 アクセス 性差医療とは 札幌市の夜間救急
女性の病気 血液検査の見方 妊婦さんへ 低容量ピル 月経移動 心理カウンセリング
        レディースドック リンク集
Top Page へ戻る

女性と高血圧症
■ はじめに

高血圧は体に良くないというのは、誰もが漠然と知ってはいますが、具体的に何が問題なのか、どうして怖いのかといった基礎知識は意外と知られていません。まずは、正しい知識を知ることで、高血圧がどういうものなのかを理解する必要があります。

血圧とは、簡単に言うと心臓が血液を全身に送り出す際の圧力のことです。この圧力が基準値以上の状態が続く状態を高血圧といい、これが一般に言われる高血圧のことです。

高血圧自体の自覚症状はほとんどありませんが、高血圧を放置しておくと動脈硬化を起こし、やがて狭心症・心筋梗塞・心不全などの心臓合併症、脳梗塞・脳出血などの脳血管合併症、蛋白尿・腎不全などの腎臓合併症、網膜症などの眼合併症をおこします。高血圧の恐ろしさは、この合併症にあります。
 

■ 頻度と性差

高血圧症の患者さんは約 3000 万人いると推定されています。グラフの通り、 30 − 40 台では圧倒的に男性が多いのですが、女性では 50 歳以降(閉経以降)から増え始めて、 70 歳以降では男女比はほぼ同数になることが分かります。

■  高血圧症の定義

成人における血圧値の分類( 2004 年度:日本高血圧学会)

分類

収縮期血圧

拡張期血圧

至適血圧

< 120

かつ

< 80

正常血圧

< 130

かつ

< 85

正常高値血圧

130 〜 139

または

85 〜 89

軽症高血圧

140 〜 159

または

90 〜 99

中等症高血圧

160 〜 179

または

100 〜 109

重症高血圧

≧ 180

または

≧ 110

収縮期高血圧

≧ 140

かつ

< 90


■ 高血圧のリスク分類

高血圧患者さんを血圧分類、主要な危険因子、高血圧性臓器障害、心血管病の有無により、低リスク、中等リスク、高リスクの 3 群に階層化しています。この分類を元にして、治療計画を決定していきます。
心血管病の危険因子は

1.高血圧
2.喫煙
3.糖尿病
4.脂質代謝異常(高コレステロール血症、低 HDL コレステロール血症)
5.肥満(特に内臓肥満)
6・尿中微量アルブミン
7.高齢(男性 60 歳以上、女性 65 歳以上)
8.若年発症の心血管病の家族歴

の、以上の 8 つです。

gotop

■ 初診時高血圧症の管理計画

初診時の高血圧管理は、上記で判定されたリスクに応じて治療計画をたてます。



■ 生活習慣の修正項目

① 食塩制限 6g/日未満
② 野菜・果実を積極的摂取する
ただし、野菜・果物の積極的摂取は、重篤な腎障害を伴うものでは高K血症をきたす可能性が あるので推奨されません。また、果物の積極的摂取は摂取カロリーの増加につながることがあるので、糖尿病患者さんでは推奨されません。

③ 適正体重の維持:BMI(体重(kg) ÷ [身長 (m)× 身長 (m) ])で25を越えない
④ 運動療法:心血管病のない高血圧患者さんが対象で、有酸素運動・毎日30分以上を目標に定期的に行う
⑤ アルコール制限:エタノールで男性は20〜30ml/日以下、女性は10〜20ml/以下にする
⑥ 禁煙

■ 薬剤治療

主要降圧薬の積極的な適応と禁忌

降圧薬

積極的な適応

禁忌

Ca拮抗薬

脳血管疾患後、狭心症、左室肥大、糖尿病、高齢者

房室ブロック

ARB

脳血管疾患後、心不全、心筋梗塞後、左室肥大、腎障害、糖尿病、高齢者

妊娠、高カリウム血症、両側腎動脈狭窄

ACE阻害薬

脳血管疾患後、心不全、心筋梗塞後、左室肥大、腎障害、糖尿病、高齢者

妊娠、高カリウム血症、両側腎動脈狭窄

利尿薬

脳血管疾患後、心不全、腎不全(ループ利尿薬)、高齢者

痛風

β 遮断薬

狭心症、心筋梗塞後、頻脈、心不全

喘息、房室ブロック、  末梢循環障害

α 遮断薬

高脂血症、前立腺肥大

起立性低血圧

* Ca拮抗薬は男性よりも女性で降圧効果が高いと指摘されています。
*ACE阻害剤の副作用として「空咳」は有名ですが、この副作用は女性に多くみられます。

gotop



このページを表示するには Flash Player が必要です。

ウィミンズクリニック札幌
札幌市北区北7条西5丁目北7条ヨシヤビル5階
Tel:011-738-7877 e-mail:
info@w-clinic-sapporo.or.jp
Copyright (C) 2005 Women's Clinic Sapporo, All rights reserved.